暮らしの中で生き続ける和紙、自然素材の特性がメディカルウェアに

白衣では機能性の高い化学繊維が主流である一方で、コットン100%のものもあります。
今回はなんと和紙とデニム素材(コットン)で作られたITOI(イトイ)のメディカルウェアをご紹介します。
なぜ化学繊維ではなく自然素材の和紙にこだわり、メディカルウェアに採用したのか
伝統的和紙の特性を知ることで理解できます。

和紙デニム白衣イメージ

 

和紙は日本の暮らしに密着して着た高機能素材

日本に紙を作る技術が伝わったのは飛鳥時代。
利便性と丈夫さから仏教の写経、史実の記録に使われました。
その後平安時代には貴族の間で利用されるようになり、江戸時代には襖や障子など建築物の一部にも使われ、さらに絵画や本などの嗜好品に至るまで、人々の暮らしに欠かせないものになりました。
和紙は光を通すほど薄く調湿機能や換気能力に優れ、加えて断熱性も高く、湿度が高く四季のある日本の気候に適した高機能素材。
1000年以上経過した今でも昔の和紙が現存することから証明されている長期保存に優れた素材です。
そんな日本の手漉和紙技術はユネスコ無形文化遺産にもなっています。

和紙の使用イメージ

 

和紙糸を使った生地は開発が進み近年注目されています

衣類にも適した高機能素材で、昔から一部で製品化が試みられてきたようですが、
伸縮性がないという欠点があり製品化がなかなか実現しませんでした。
現在では別の機能を持った糸を編み込むなど試作・開発され和紙糸の欠点を補いながら新しい生地ができてきています。

化学繊維も進化し続け着心地の良いものになっている一方、軽くて調湿機能に優れた高機能な自然素材は近年メイドインジャパン製品として注目を集めています。
化学繊維が肌に合わない方だけではなく、着心地や、エコの観点から自然素材を選ぶ方も多くいらっしゃいますが認知はまだまだかと思います。

 

ITOI(イトイ)の和紙デニム白衣

ITOIの和紙デニム白衣ですが、見た目は少し薄手のデニムといいた質感です。
和紙と言うと破ける、ゴワゴワしていたり、避けるといったイメージがあるかもしれません。
しかし和紙糸とコットン糸を使用しする事で非常に丈夫で、軽くいです。
肌触りとしては少しシャリ感があります。
和紙の調湿機能により、吸湿・吸水・吸汗性を実現、体をさらりとした状態に保ちます。
また、和紙自体抗菌性が高く、医療用白衣として適しています。

糸の紡ぎから縫製まで一貫してメイドインジャパンにこだわったITOIの和紙デニム白衣ですが、
リリースモデルはデニム白衣ブランド・タイガーバンブーDDの浜井氏も手がけています。
実は以前より和紙素材の服作りを行なってきました。
和紙とデニムを知り尽くした確かな知識からデザインがなされています。

メイドインジャパンイメージ

 

薄手のカジュアルコートを着る感覚

夏は涼しく、冬は暖かく感じる「天然の快適機能」の和紙素材、着るほどに体に馴染むデニムの風合い。
和紙素材混合で、とても軽いです。
インディゴカラーは普段と違うコーディネートで仕事にアクセントをつけます。
(個人的意見ですが、インディゴカラーのドクターコートはスプリングコートのように普段着にも使えると思います。)

和紙デニム白衣
 

和紙デニム白衣・購入はこちら

ITOI購入ページへ
ブランドページははこちら

 

ページトップへ