ドクターコートをブラックに!?オーダーメイドのご依頼

「当店の白衣を黒い生地に替えたブラックのドクターコートが作れないか」とお問い合わせが入りました。白衣ならぬ黒衣、ブラックコートのご依頼です。
飲食業界や技術職など異業種でも、当店の従来の「白衣」がユニフォームとして採用されることもありますが、今回はオーダーメイドです。

ご依頼はワイングラスの名門ブランド「リーデル」青山店スタッフの方。
まずはお話をお伺いに向かいました。

ユニフォームとして求める機能に共感

銀座線・青山一丁目駅を降りてすぐの場所にリーデル青山店はあります。

リーデル青山店内写真

店舗・ブランドカラーはブラックを基調とし、差し色に赤。ディスプレイされているワイングラスが際立つ店内。そんなおしゃれな店内からご依頼者がとてもラフな姿でご登場。

お話をお聞きすると、ユニフォームとして求める機能に共通点があり納得でした。

●ラフな格好で仕事することも多いが、お客さんの前に立つときはフォーマルに着替える必要がある。
●現在のユニフォームは黒いスーツで、脱ぎ着がすぐにできない。

そのため、

「纏った瞬間にフォーマルに変身できる」
「機動性が良い」

という視点で何か良いユニフォームはないか探していたところ、当店のホームページに辿り着いたとのことでした。

当店で取り扱うミドル丈ドクターコートは、

「纏った瞬間に仕事モードに切り替わる」
「ミドル丈は座っても裾がお尻に巻き込まないから動きやすい」
「肩周りも動かしやすい」

などのお声をいただきます。

ドクターコートのオーダーメイド

今回は既にあるドクターコートから生地変更をする形で、オーダーメイドとして対応させていただきました。

オーダーメイドは枚数が多くなるほど割安になります。パターンオーダーはもちろん、コンセプトからお聞きして一からご提案することもできますので、オーダーをお考えの方は当店のホームページ・お問い合わせからご相談ください。
オーダーユニフォームのご相談はお問い合わせください

ブラックコートの仕上がりは・・・

4週間ほどお時間をいただき、仕上がりました。

ドクターコートがブラックになって完成です。リーデルさんとコラボしたような雰囲気です。(もちろんコラボ商品ではありませんが )

背中に大きくロゴ刺繍、
黒と白のコントラストがかっこよく、店内の雰囲気にマッチしています。

リーデル青山の竹中さん

今後、実務でご利用いただき、ご要望であった「ラフな格好」から「羽織った瞬間にフォーマルに」なるユニフォームで満足いただけたら嬉しいです。

リーデル青山店ご紹介

最初のお打合せの際、高級ワイングラスの代名詞とも言われるリーデルのワイングラスで、お酒の香り比べなどさせていただきました。
とても楽しめる専門店です!
グラステイスティングセミナーなど体験型イベントを随時行っているため、ご興味ある方はぜひホームページをチェックしてください。
リーデル青山」についてはこちら

リーデルのご紹介・HPより抜粋

同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わるという事に着目し、世界で初めてブドウ品種ごとに理想的な形状を開発したオーストリアのリーデル。

これらのグラスは、世界中のワイン生産者たちと共に“ワークショップ”と呼ばれるテイスティングを繰り返して決定され、ワインの個性や造り手の想いまでも忠実に再現するグラスとして、ワイン生産者や愛好家の方々から絶大な信頼が寄せられています。

「機能的に、かつワインを楽しむために最高のグラスを選ぶなら、オーストリアのリーデル社製のものである。偉大なワインを味わう時の、このグラスの素晴らしさは計り知れない。リーデルグラスが他のものと如何に異なるかは、どんな言葉を使っても、語り尽くせない。」

ロバート・M・パーカー・Jr.

https://www.riedel.co.jp/about-riedel/
プロフェッサーズラウンド 旗の台店
  • プロフェッサーズラウンド 旗の台店
  • 東京都品川区旗の台に日本で最初の白衣のセレクトショップを始めてはや10年。旗の台ブログでは店舗のお知らせや、お客様エピソードを更新していきます。