白衣ブランド:PROFESSOR'S ROUNDプロフェッサーズラウンド

プロフェッサーズラウンドは日本語で"教授回診"。モチベーション・志高く活躍するドクターをサポートしたい思いが込められています。
本ブランドは2009年に現役医師が立ち上げた"白衣専門店プロフェッサーズラウド"のオリジナル白衣ブランドで、 これまでにアパレルデザイナーとコラボした商品をはじめ、現役医師たちが考える機能性的な白衣、上質でデザイン性の高い白衣を企画し生産しています。


ブランド紹介

PROFESSOR'S ROUND -プロフェッサーズラウンド-

はじまりは、現役医師の実体験に基づく

プロフェッサーズラウンドコンセプトイメージ01 大学病院を飛び出して、難病患者のための在宅療養支援診療所を立ち上げたのは2004年。
ある日大学の症例検討会に出向くと、いままで着てきた形とは少し違う白衣を着こなしている学生を目にした。
そのとき自分が過ごした当時の労働環境と照らし合わせて気づいた。
「夜中まで病院にいて、医局で冷めたカツ丼を食べ、緊急コールがあれば常に駆けつける」 といった日々。
生活の大部分で着用し続ける白衣だからこそ、その姿に少しだけこだわることが心の潤いになるのではないか、 体力精神力の限界で途切れそうになるモチベーションをつなぎとめることができるのではないかと。

かっこいいだけではなく、現場で使いやすいを

プロフェッサーズラウンドコンセプトイメージ02 お店立ち上げ当初に、あらゆるメーカーの服を取り寄せて、”かっこいい”ものを集めて販売したところ、
「すごくかっこいいけど、ポケットが大きい方がいい、もう少し裾が短いといい」などといった意見をちらほら聞くようになりました。
日々の勤務でも気にせずつかえて、耐久性がある、それでいてよりおしゃれというニーズを追求しました。
お客様の好みは千差万別です。あらゆるメーカーから、膨大な種類の白衣があるなかで、プロフェッサーズラウンドでは、仕事着にこだわるお客様のすべてのニーズをいかにしてこたえるか、日々追求しています。

機能性重視の単なる作業着ではない、ちょうどいいかっこよさを追求

プロフェッサーズラウンドの意味は、「教授回診」。 教授が着てもビシッときまるフォーマルさと、普段からバリバリ着こなせるラフさを兼ね備えたちょうどいいかっこよさが特長です。
また白衣専門店のオリジナルブランドでは、標準的なオーソドックスなものだけを追求するのではなく、我々だから作れる生地や形、アクセントある商品も同時追求しています。
「現場で白衣をまとった、その姿がかっこいい」というコンセプトのもと、身にまとった瞬間から走り回ってバリバリはたらくこができる、 教授も研修医も立場関係なく着こなすことができる白衣です。

店舗スタッフも開発に携わった、まさに現場の声からできた白衣

当店スタッフは、お話しさていただいたお客様はもちろん、試着していただいたお客様の表情も気にしつつ、取り扱い商品の評価をしています。  プロフェッサーズラウンドオリジナル商品は、服飾専門スタッフだけではなく、そんな店舗スタッフの意見も十分に反映されています。 多くの医療関係者様の声、まさに現場の声を反映した商品となっています。

発案者の現役医師自ら、白衣・服飾について試行錯誤

プロフェッサーズラウンドコンセプトイメージ03医療現場の体験があるがゆえに、服飾特有のノウハウ・制約を聞いても、なかなか納得ができない。 思い悩んだすえに、発案者の現役医師が自ら、服飾の専門家がいる杉野服飾大学をたずねてイロハを学びました。熱心なあまり(?)服飾大学でも白衣をテーマに講義 が設けられたほど。 プロフェッサーズラウンドのオリジナル白衣は現役医師、アパレルデザイナー、店舗スタッフで作っています。

カテゴリ一覧

ページトップへ