KobeINK物語(万年筆・カラーインク)

¥1,980 税込

オプション価格:¥  

商品コード: NO1 ~ NO6
関連カテゴリ
数量
カートに追加しました。
カートへ進む
海と山に囲まれ発展してきた港街神戸。その風景・街並を色で表現した万年筆インクがあります。神戸を代表する文具メーカー 「ナガサワ文具センター」が開発したKobeINK物語。一色一色にその土地の想いや歴史などのストーリーが込められています。 この色を使いたいから万年筆を使うようになった人も多いと言います。万年筆カラーインクの先駆けとなったこの色は広がり、 他の商品でも展開されています。
このKobeINK物語カラーを使った文具をこだわり白衣に彩りを加えるアイテム、モチベーションの上がるアイテムとして ナガサワ文具センターセレクトのうえ白衣専門店プロフェッサーズラウンドでも取り扱いを開始しました。
KobeINK物語 カラー
港島アイランドブルー 人工島として誕生したポートアイランドの最南端にある神戸空港周辺の海は、晴天の日には青空と太陽光を反射して見事な美しい輝きを見せてくれます。 神戸上空より臨む際立った深い海の青をお楽しみください。
神戸ボルドー 西神戸のなだらかに広がる丘陵地でじっくりと育まれる葡萄は、神戸ワインとして全国に出荷され人気を得ています。 華やかさの中に深みと落ち着きが感じられるエレガントなワインカラーは、 神戸からのメッセージにふさわしい1色に仕上がっています。
須磨離宮公園ローズ 六甲山系の西端に位置し瀬戸内海を臨み四季折々の花が楽しめる須磨離宮公園には、神戸有数規模のバラ園があり見事な競演を 愛でることができます。 5月中旬から楽しめるバラ園の多様なバラの中から優雅で印象的なローズピンクを取り上げ再現しました。
六甲アイランドスカイ 港海上文化都市、六甲アイランドには”神戸らしいセンス溢れるライフスタイルの発信”をコンセプトに掲げる 「神戸ファッションマート」が存在します。神戸らしい彩りを提案し続ける海上都市にふさわしい、透明感のある爽やかな 青空をイメージしたスカイブルーをお届けします。
六甲グリーン 神戸といえば思い浮かぶ大和海に恵まれた自然豊かな風景。港町神戸を見降ろす六甲山系の新緑は神戸っ子を癒す色でもあります。 その落ち着いた深みのあるグリーンを表現したのが「六甲グリーン」。 書斎で森林浴の気分を感じながら神戸からのメッセージを綴ってください。
東亜ブラック 旧居留地の一角にあり神戸らしい店やブティックが並ぶトアロードは、北野と居留地を結ぶ主要道路。 夜になると周辺はキラキラと輝く街灯りと静まったオフィス街という美しいコントラストを描き出します。 その夜空をスパイスが効いた幻想的なブラックで表現しました。
新港ジェットブラック 各国の客船が入港する新港第4突堤は国際港に名にふさわしい多様な設備を整えた大型ターミナル。 その港のイメージを代表的な豪華客船の塗装に使われる漆黒で表現。

カテゴリ一覧

ページトップへ